ネブライザー式アロマディフューザーの使い方やお手入れの方法は?

2019年1月18日

最近人気の高いネブライザー式のアロマディフューザー。水も熱も使わないので安全で、香りの拡散力も高く、お手入れが簡単だと高い評価を受けています。ここでは、ネブライザー式のアロマディフューザーの使い方や他のアロマディフューザーとの違いなどについてご紹介します。

ネブライザー式のアロマディフューザーの使い方は?

ネブライザー式のアロマディフューザーは、ディフューザー本体にアロマオイルのボトルを直接取り付けて使用します。水も熱も使用しません。アロマボトルを取り付けたらスイッチを押すだけで稼働します。

アロマオイルは微粒子化して、空気圧でシュッと空気中へ噴出させて香りを拡散させる仕組みです。

水を使用する超音波ディフューザーの場合には、水アカやカビの発生があるため定期的なお手入れが必要になりますが、ネブライザー式はお手入れの回数も少なくて済みます。

毎回仕様のたびにお手入れをする必要はありませんが、香りを変えるとき、根詰まりがが感じられたときにはお手入れをしてください。

香りを変えるときにお手入れが必要なのは、香りが混ざってしまわないようにするためです。アロマオイルのボトルが必要になるので、空になったボトルを1つは保管しておくようにしましょう。

空のボトル2/3程度まで無水エタノールを入れます。ディフューザーにセットして稼働させます。無水エタノールが終わるまで稼働させたら終了です。根詰まりが感じられたときにも同じようにお手入れをします。

根詰まりを防ぐためには3〜4回の使用に1回はお手入れをすると快適に使うことができるでしょう。

ここで注意するのが無水エタノールを使うことです。エタノールには無水と消毒用があります。無水エタノールは水を使用していないので洗浄力が高く、揮発性が高いので電気製品のお手入れに使うときに使用されます。一方消毒用エタノールは、薄めてあるため蒸発するまでに時間がかかります。そのため電気製品のお手入れには不向きです。

アロマオイルは専用のものを

アロマオイルは天然の成分が100%で、香料や化学製品が使われていないものを使用しましょう。香料や化学製品が使われているものだと、アロマオイルの香りの効能は得られません。天然の成分100%かどうかを見極めるためにはボトルの成分表記を確認します。

そこに精油、pure oil、エッセンシャルオイルと書かれていれば、天然の成分だけで作られたという証明になります。

ネブライザー式のディフューザーの場合には、アロマオイルのボトルを直接取り付けるため、他メーカーのアロマオイルだと口の直径によっては取り付けられない可能性があります。

Uruonのネブライザー式のアロマディフューザーを使用する場合には、Uruon専用のアロマオイルを使用するのがおすすめです。

もし、お気に入りの香りがある場合には、Uruonのアロマオイルのボトルが空になってからそれに移し替えて使用すれば使用することは可能です。お手入れをするときにも空のボトルは必要なので、専用の空ボトルは1つ持っておくと安心です。

ねむりとめざめは自律神経を整えます。

ネブライザー式はアロマオイル減りが早いって本当?

ネブライザー方式はアロマオイルのボトルを直接取り付けて使うため、水にアロマオイルを垂らして使用すると超音波式と比べると減りが早いと感じる人もいるようです。

1日の使用時間によってもアロマオイルの使用量は変わってきます。ネブライザー式のアロマオイルは香りが濃厚ですし、拡散力も優れているので、お部屋での使用の場合一日中稼働させっぱなしということはないと思います。

10畳ぐらいのお部屋でしたら30分も稼働させれば十分に香りは広がります。付けっ放しだと香りが強くなりすぎて逆に気分が悪くなってしまう恐れもあります。

Uruonネブライザー式アロマディフューザーでは、連続運転とリズム運転があるので、それを利用しながら、お部屋の広さによって調節するとよいでしょう。

10mlのアロマボトルの場合、使用時間にもよりますが、お部屋で毎日使用した場合でも1か月程度持ちます。超音波ディフューザーの場合には自分で使用量を調節して水に垂らして使うため、使用量を減らせば薄い香りにもできますし、量を増やせば濃い香りにすることができます。こちらも使用時間や量によってアロマオイルの減り方は違ってきます。超音波ディフューザーを使用する場合でも濃い香りにしている場合には、使用量は同じくらいという印象を持っています。

ネブライザー式のアロマディフューザーがおすすめの人はどんな人?

ネブライザー式のアロマディフューザーは、アロマオイルそのものの濃厚な香りを楽しめます。アロマオイルは天然の花や草の香り成分をギュッと濃縮して作られているので、普通に咲いている花の何十倍も香りが強いものです。そのため初めてアロマオイルを使った人は香りの濃さにビックリしてしまうこともあるでしょう。

ネブライザー式だとその濃厚な香りをそのまま楽しめるという長所がある反面、慣れない人には濃すぎると感じてしまうところもあります。そのため、まずは超音波式を使ってみて、2台目としてネブライザー式を使うのがよいかもしれません。

また、ネブライザー式は他のアロマディフューザーよりも香りの拡散力に優れています。オフィスなど広い部屋で使う場合には、超音波式では香りの拡散力が足りず、アロマの香りのを感じられないこともあるでしょう。そのような広いスペースでの使用にはネブライザー式のアロマディフューザーがおすすめです。

【まとめ】 ネブライザー式アロマディフューザーの使い方やお手入れの方法は?

ネブライザー式のアロマディフューザーは、使用方法、お手入れ方法が簡単で、香りの拡散力が高いものです。お部屋で使用することで、アロマの香りに包まれた癒しの空間を作ってくれることでしょう。

製品仕様

芳香方式超音波
外形寸法直径8.8cm×高さ8cm
重量約170g
水タンク容量30ml
製品電圧DC5V 500mA
セラピーグラデーションライト
電源コード約1m
USB接続タイプ
自動OFF機能
運転時間2時間(最大)
動作モードパワーボタン
1回押す:グラデーションライトモードで動作
2回押す:固定ライトモードで動作
3回押す:OFF

製品仕様

芳香方式超音波
カラーゴールド
外形寸法直径12cm×高さ16.5cm
重量約570g
水タンク容量100ml
製品電圧AC100V
運転時間6時間(最大)

製品仕様

芳香方式アロマドロップ
外形寸法直径6.8×高さ16cm
重量約460g
定格消費電力1.5W
製品電圧AC100V 50/60Hz
運転時間ポータブル時/10-12時間
充電式コードレス
タイマー
ミスト調整

製品仕様

芳香方式ネブライザー
外形寸法奥行8.2cm×幅8.2cm×高さ12.5cm
重量約370g
定格消費電力3W
製品電圧AC100V 50/60Hz
ミスト調整
充電式コードレス×
運転時間連続モード:1時間で自動OFF
間欠モード:3時間で自動OFF

製品仕様

芳香方式超音波
外形寸法直径10.8cm×高さ16.4cm
重量約220g
定格消費電力11W
製品電圧DC24V 500mA 50/60Hz 0.35A
タンク容量120ml
オフタイマー機能
自動OFF機能
セラピーグラデーションライト

製品仕様

芳香方式超音波
外形寸法奥行109mm×幅132mm×高さ146mm
重量470g
電力15.6W
製品電圧100-240V AC / 50/60Hz
タンク容量300ml
タイマー機能on、1H、3H、5H
Bluetoothスピーカー
時計機能
アラーム(目覚まし)機能
自動OFF機能
セラピーグラデーションライト

製品仕様

容量10ml
全成分オレンジ、ラベンダー、バジル

製品仕様

容量10ml
全成分ローズマリー、ペパーミント、ラベンダー

ウルオン アロマドロップディフューザー人気No1 URUON tumbler