ディフューザーとは?加湿器との違いと使い方

2019年4月12日

製品仕様

芳香方式超音波
外形寸法直径8.8cm×高さ8cm
重量約170g
水タンク容量30ml
製品電圧DC5V 500mA
セラピーグラデーションライト
電源コード約1m
USB接続タイプ
自動OFF機能
運転時間2時間(最大)
動作モードパワーボタン
1回押す:グラデーションライトモードで動作
2回押す:固定ライトモードで動作
3回押す:OFF

製品仕様

芳香方式超音波
カラーゴールド
外形寸法直径12cm×高さ16.5cm
重量約570g
水タンク容量100ml
製品電圧AC100V
運転時間6時間(最大)

製品仕様

芳香方式アロマドロップ
外形寸法直径6.8×高さ16cm
重量約460g
定格消費電力1.5W
製品電圧AC100V 50/60Hz
運転時間ポータブル時/10-12時間
充電式コードレス
タイマー
ミスト調整

製品仕様

芳香方式ネブライザー
外形寸法奥行8.2cm×幅8.2cm×高さ12.5cm
重量約370g
定格消費電力3W
製品電圧AC100V 50/60Hz
ミスト調整
充電式コードレス×
運転時間連続モード:1時間で自動OFF
間欠モード:3時間で自動OFF

製品仕様

芳香方式超音波
外形寸法直径10.8cm×高さ16.4cm
重量約220g
定格消費電力11W
製品電圧DC24V 500mA 50/60Hz 0.35A
タンク容量120ml
オフタイマー機能
自動OFF機能
セラピーグラデーションライト

製品仕様

芳香方式超音波
外形寸法奥行109mm×幅132mm×高さ146mm
重量470g
電力15.6W
製品電圧100-240V AC / 50/60Hz
タンク容量300ml
タイマー機能on、1H、3H、5H
Bluetoothスピーカー
時計機能
アラーム(目覚まし)機能
自動OFF機能
セラピーグラデーションライト

製品仕様

容量10ml
全成分オレンジ、ラベンダー、バジル

製品仕様

容量10ml
全成分ローズマリー、ペパーミント、ラベンダー

最近よく聞く「ディフューザー」や「アロマディフューザー」とは何のために使うものなのでしょうか?
何となくアロマの良い香りがすると分かりますが、どんな効果やメリットがあるのか気になりますよね。

「ディフューザー」と「加湿器」との違いが曖昧な方もいるかもしれません。
この記事では、ディフューザーの特徴や効果、使うメリット、加湿器との違いについて解説していきます。

そもそもディフューザーってなに?

「ディフューザー」とは、アロマの香りを部屋中に拡散させる芳香器のことを指します。 アロマディフューザーは、アロマオイルの香りを部屋全体に広げてリフレッシュする効果がある癒やしのアイテムなんですね。

アロマオイルとは、自然の植物や果物から精製された100%天然の精油のことです。 人工的な香料は使っていないので、自然そのものの優しい香りと癒やしの効果が期待できます。

アロマディフューザーの主流なものは電気式となっており、コンセントに挿込むだけで、天然由来の精油の香りを楽しむことができますよ。
手軽に使えるので多くの女性から人気を集めているアイテムです。

部屋にアロマディフューザーを取り入れると、爽やかな香りでリフレッシュしたり、穏やかな香りで気持ちを沈静化させこともできます。
ストレスの多い現代の生活に心身ともに癒やしの効果をもたらしてくれるのがメリットですね。

おすすめのアロマディフューザーは?

アロマディフューザーは、いくつか種類がありますが、おすすめは「超音波式のアロマディフューザー」(約5,000円から10,000円くらい)です。
これはスイッチを入れると、超音波によりエッセンシャルオイルの香りをミスト状にして一気にお部屋に拡散してくれます。

最近の超音波式のアロマディフューザーは、LEDライトやタイマーが付いてるものも多いので、寝る前に使用すると眠りに付くまで癒やしてくれますよ。
自分のお気に入りのエッセンシャルオイルと柔らかいライトの効果によって、疲れた日常の心をリラックスさせてくれます。

アロマディフューザーと加湿器の違い

アロマディフューザーはアロマの香りを楽しむことができるとわかりましたが、加湿器とはどう違うのでしょうか?

加湿器とは名前の通り、空気中の湿度を上げて潤いをアップして、喉や鼻を乾燥から守ってくれます。湿度が上がると除菌効果も高まるので、風邪やインフルエンザウイルスも撃退することができます。
冬場は空気が乾燥して湿度が下がるので、風邪・インフルエンザ対策、お肌や髪の感想対策として加湿器が有効です。

一方で、アロマディフューザーはアロマの香りを楽しむものなので、加湿効果はありません。アロマディフューザーも超音波式のものなど蒸気が出るので、何となく加湿効果もありそうですが、基本的にはほとんど加湿効果はないのです。

逆に、「アロマオイル対応の加湿器」は、加湿器にアロマディフューザーの機能が付加されたタイプですので、加湿もアロマ効果も期待できます。
加湿器を取り入れたいけど、同時にアロマの香りも楽しみたいな…という方は、アロマオイル対応の加湿器を検討しましょう。

しかし、あくまでも加湿器なのでメインは「加湿」。
アロマディフューザーのようなコンパクトでオシャレなデザインは少なく、容量や加湿量重視のものが多いです。
本格的にアロマテラピーを楽しみたい方は、アロマディフューザーを選んだほうが良いかもしれませんね。

まとめ

今回は、今話題のアロマディフューザーを使うメリットや加湿器との違い、使い方についてご紹介しました。

超音波アロマディフューザーはお好きな香りのアロマオイルを少し垂らすだけで、ミスト状の蒸気となって爽やかな香りが広がります。 ぜひ、日頃のリフレッシュや気分転換に上手に取り入れてみてくださいね。

※URUONアロマディフューザーのプレゼント企画実施中です↓

https://www.instagram.com/p/B4btTimJS17/

ウルオン アロマドロップディフューザー人気No1 URUON tumbler