乾燥対策には超音波加湿器「Uruon(ウルオン)」がおすすめ!

2019年4月29日

一般的には寒い季節が乾燥しやすいといわれています。

ところが現在は家庭やオフィスなど室内はどこもエアコンが設置してあることから、エアコンによっては湿度を低下させていることもあります。

エアコンをお使いの場合、もし目がドライアイになりやすかったり、のどが絶えずいがいがしていたり、肌がかさつきやすかったらエアコンによって室内が乾燥しているのかもしれません。

室内の乾燥を低減してくれるものとして加湿器をご利用になってみてはいかがでしょうか。

今回は超音波加湿器「Uruon(ウルオン)」についてわかりやすくご紹介させていただきます。

超音波加湿器「Uruon(ウルオン)」とは?

気候の変化やエアコンの増加などから、乾燥でお悩みの方が以前に比べると増加している印象があります。

乾燥によるトラブルを解消するために、現在は次々に新しい加湿器が開発されています。今回はそんな中、超音波加湿器のウルオンをご紹介させていただきます。

超音波加湿器とは

以前の加湿器は、水をヒーターで加熱して温めて、水蒸気に替えて室内へ供給するスチーム式加湿器が一般的でした。

ところが現在は、スチーム式の他に気化式、超音波式、ハイブリッド式の4つの方式の加湿器が広く使用されています。

ウルオンはその中でも超音波式を採用しています。

超音波式とは、水を超音波を使って振動させることにより霧状にします。霧状になったものをファンを使い空気に放出することでその空間を加湿する方式のことです。

一番のメリットはヒーターなどを使わないので、消費電力も低く抑えられ、熱を持たないので睡眠中でも安心して駆動することができる点です。

ウルオンの加湿の仕組み

ウルオンの加湿の仕組みは、超音波を使って高周波発振を発生させます。

高周波発振によって水が1~5μm(ミクロン)のミスト(霧状)の超微粒子に化成します。そしてミストになったものに空気圧を加えて、空気中に噴出することで加湿することができます。

ウルオンから噴出されるミストは一見加熱された水蒸気に見えますが、ただの常温のミストなので肌が触れても火傷の心配がありません。

また消費電力もスチーム式などと比べると低くなっています。

高級ホテルの客室に最適!
ウルオンの洗練されたデザイン!

高機能がセールスポイントであるウルオンですが、その洗練された美しいデザインも大きな魅力です。

ボックス型のデザインですが、パッと見はパソコンのハードボックスのように見えて、スマートでお洒落です。

どんなシーンでも合うのですが、高級ホテルの客室に置くとよりその存在感を増します。都会的で高いセンスを感じることができます。

セラミックボールフィルター搭載
大容量5リッタータンク

ウルオンの特徴の一つにセラミックボールフィルターがあります。

超音波加湿器は最新の機能を持っており、消費電力も低く抑えられるのですが、いろいろと気になる問題もあります。ウルオンはセラミックボールフィルターを搭載することで超音波加湿器の問題点を解決しました。

大容量水タンク

水タンクの容量は約5リッターの水を入れることができます。大容量なので1日に何度も水を入れ直す必要がありません。水の入れ替え回数が少ないのでかなり楽です。

セラミックボールフィルター

他の加湿器にないウルオン独自の機能がセラミックボールフィルターです。

この機能は「遠赤外マイナスイオンボール」と「抗菌活性化鉱化ボール」を含んだセラミックボールフィルターを水タンクに搭載することで、水がフィルターを通過すると水質が浄化と軟化されます。よって加湿器ならではの問題点である白粉の飛散を大幅に低減することが可能になりました。

掃除がしやすくエコ

加湿器の中でも最も汚れやすいといわれているのが超音波式加湿器です。特に汚れが激しい部分が水が触れる部分です。その中でも水タンクは汚れが最もつきやすい場所です。

ウルオンの水タンクは、簡単に取り外せる作りになっており、掃除やお手入れがしやすい設計になっています。

繰り返し長く使えることを念頭に置いたエコ設計になっています。

ウルオンの基本スペック

お洒落でハイセンスという言葉がピッタリなウルオンですが、気になる基本スペックはどのようなものなのでしょうか。

連続加湿時間

大容量水タンクが搭載されていることから、最もご利用者様が気になるのが連続加湿時間でしょう。ウルオンはミスト最小モードで約25時間の連続加湿が可能です。

1時間当たりの電気代

ウルオンは超音波式加湿器ということで消費電力の低さには最も自信を持っています。1時間当たりの電気代は約0.66円です。

※電気代の計算は1kWh=22円換算で算出しています。

ウルオンの加湿可能面積

ウルオンの加湿可能面積は、洋間で13畳以内、和室で7.5畳以内といわれています。一般的な寝室やリビングでも余裕で活躍してくれます。

湿度調整機能

ウルオンの湿度の調整は、「45%~75%」の間で5%単位で調整可能になっています。5%単位と細かな調整が可能なので、その日の乾燥度合いに合わせて選ぶことができます。

マイナスイオン発生機能

ウルオンはマイナスイオンを発生させることも可能です。マイナスイオンのおかげで室内が非常に心地よく感じることができます。

おすすめの加湿器のまとめ

今回は超音波加湿器「Uruon(ウルオン)」についてご紹介させていただきました。

ウルオンは高機能でありながら、高いデザインセンスを兼ね備えています。

移動もしやすく、電源もAC100Vなのでどんな場所にでも設置することができます。

現在乾燥でお悩みであれば、ぜひ一度ウルオンをお試しになってみてはいかがでしょうか。

製品仕様

加湿方式超音波
外形寸法W173mm×D320mm×h440mm
重量約2.3Kg(本体のみ)
コード長約154cm
加湿量 約450±30ml/h(最大)
水タンク容量 約5L
連続加湿時間約25時間
適用畳数木造和室7.5畳以内、洋室13畳以内推奨
定格電圧AC100V
定格消費電力30W
定格周波数50/60Hz
電気代目安約0.66円/時
※1kWh=22円で算出(目安)
セラミックボール有(抗レジオネラフィルター)
専用アロマフィルター

製品仕様

加湿方式ハイブリッド
外形寸法W250mm×D190mm×h455mm
重量約2.3Kg(本体のみ)
コード長約154cm
加湿量 約460±30ml/h(最大)
水タンク容量 約6L
連続加湿時間約25時間
適用畳数木造和室7.5畳以内、洋室13畳以内推奨
定格電圧AC100V
定格消費電力110W(ヒーター使用時最大)
定格周波数50/60Hz
電気代目安約0.66円/時
※1kWh=22円で算出(目安)
セラミックボール有(抗レジオネラフィルター)
専用アロマフィルター無(アロマ非対応)

製品仕様

加湿方式ハイブリッド
外形寸法W240mm×D207mm×h463mm
重量約2.24Kg
コード長約150cm
加湿量 約460±30ml/h(最大)
水タンク容量 約6L
連続加湿時間約15-18時間
適用畳数木造和室7.5畳以内、洋室13畳以内推奨
定格電圧AC100V
定格消費電力110W(ヒーター使用時最大)
定格周波数50/60Hz
電気代目安約0.66円/時
※1kWh=22円で算出(目安)
セラミックボール有(抗レジオネラフィルター)
専用アロマフィルター

ウルオン アロマドロップディフューザー人気No1 URUON tumbler