アロマオイル、エッセンシャルオイル、フレグランスオイル、キャリアオイル、どのオイルを買うのが正解??アロマディフューザーと一緒にプレゼントする適切なオイルとは。

2019年8月16日

URUONへのお問合せでも多くいただく質問です。
アロマディフューザーと一緒にオイルもプレゼントしたいのだけど、名称や種類が沢山ありすぎてどのオイルを買うのが正しいのでしょうか?

結論からいいますと、○○オイルの○○に振り回されずに何の成分でできているオイルなのかを確認してください。

つまり、、

エッセンシャルオイルとラベルに表示しているから問題ないだろう。
店員さんがキャリアオイルって言ってたからきっと合成香料だろう。
お店のチラシに天然アロマオイルって書いてあるから大丈夫だろう。

このだろう。という思い込みが一番危険です。

実はオイルの名前に規制や法律はありません。

ようするに、フレグランスオイルとつける事もできるしエッセンシャルオイルと商品名に書くこともできるわけです。

正しい買い物をする為には、信頼のおけるお店で購入をするか、ラベルや商品名に惑わされず、何の成分が入っているかを確認して購入してください。
また価格が安価なものは合成物が含まれている可能性が高いので要注意です。

またネットの情報を信用しすぎないようにしましょう。

例えばネットではフレグランスオイル=合成物です。
のような断定的な表現をしている記事も多数あります。

フレグランスオイルという名前で天然アロマオイル(精油)をしっかり使っている商品ももちろん存在します。

冷静に考えてみてください。
ネットには様々な情報が溢れています。
その記事はどこの誰が書いているのかわからない記事も沢山あります。
ビジネスを目的として書いているのか、個人のブログのような記事なのか、その背景によって内容は大きく異なります。

自分にとってこの情報は正しいものとして捉えて大丈夫か?
どういう背景で書かれている記事なのか?
他の人も同じような事を言っているか?
専門書ではなんと書いてあるか?

情報の見極めはとても重要です。

思い込みに支配されている、と自覚するところから始める

とはいえ専門家でもなく知識も少ない方の場合、ネットの情報やお店の店員さんの言葉をついつい信じてしまいがちです。

世の中疑って生きろ。

と言ってるわけではないので勘違いしないでくださいね。

私達は多くの事柄において、この「思い込み」が必ずあります。

これは誰にでもあることです。

ただしこの誰しもがある「思い込み」を存在するものだ、と理解している人とそうでない人では、人との接し方や生き方までもが変わってきます。

特に人間関係はこの思い込みによって関係が悪化する事なんてのは日常茶飯事です。
マスコミや週刊誌、テレビの情報を大いに信じ思い込み、振り回されている方が多いのも事実。
この人ぱっと見、優しそう。
この人なんだか冷たそう。

全て思い込みです。

人間には思い込む習性がある、という風に捉えると、物事を判断したり、感情に振り回されそうになった時に、これは思い込みではないか、と一歩引いて考える事ができるようになります。

大事な時間を割いて一生懸命働いて稼いだ大切なお金です。
失敗しない商品選び、後悔しない商品選びをする為に、「思い込み」に支配されず一歩引いて客観的な判断ができるように訓練をしていきましょう。

製品仕様

遮光性あり
セット10本
容量5ml/10ml/15ml/20ml/30ml
口径約1.6㎝
仕様ドロッパー付き

製品仕様

容量300ml/500ml
サイズ300ml 約6cm×16.5cm(最大17cm)
500ml 約7cm×20cm(最大21cm)
ウルオン アロマドロップディフューザー人気No1 URUON tumbler