口臭の原因はマウスウォッシュにあった!?アロマオイルは口臭対策に使える?

2019年9月9日

以前に体臭の原因が汗拭きシートによる可能性がある記事を書かせていただきました。

今回は口臭の原因が実はマウスウォッシュかもしれないというお話です。
この内容を理解する為にもまずは体臭対策を事前にご確認ください。

そしてもう1つこちらの記事も事前にチェックしていただけると今回の内容がより理解できるのではないかと思います。

マウスウォッシュ常用者は糖尿病リスクが激増する??

アメリカのある大学での研究です。
40~65歳の健康な男女1206人を対象に3年間追跡した研究です。

1、マウスウォッシュをどの程度使っているか確認
2、その後3年間追跡

結果。

1日2回以上マウスウォッシュを使う人の糖尿病リスクが55%増えていた。

どういうこと?
マウスウォッシュでなぜ糖尿病?

という方がほとんどかもしれません。

ただ口内細菌の存在を認知されている方からすると当然の事、という解釈だと思います。

つまり、マウスウォッシュの殺菌作用により口内の良質な口内細菌が死滅してしまい、糖尿病リスクを高めた、というのが答えになります。
口内には大量のバクテリアが住んでいます。そのバクテリアの中には消化器官へ送り込まれ重要な役割を果たすバクテリアも存在します。
口内に住むバクテリアの中には、糖尿病リスクを下げる為に必要な一酸化窒素に変換されるバクテリアも存在します。そのバクテリアがマウスウォッシュによって死滅してしまい糖尿病に重要なインスリンの分泌を悪化させ糖尿病リスクが高まる、ということなのです。

口内環境の悪化は全ての疾患リスクに繋がる

冒頭で紹介した記事の中にも、歯周病が全身の病気リスクを高める、ということを紹介しました。

・糖尿病
・ガン
・リウマチ
・心疾患

口内環境の悪化で歯周病が起き、それが原因で引き起こす恐ろしい病気の数々です。そこには口内細菌が深く関わっており、私達が普段何気なく行っている事で本来必要な多くのバクテリアを死滅させてしまっている可能性があります。

ここで大事なのは歯が綺麗であれば全てOK、という事ではない、という事を理解する事です。

マウスウォッシュを使うのは口臭を気にしていたり、口内を清潔にしようと思って使っている人がほとんどのはずです。
ですがそのマウスウォッシュが口臭をも悪化させ、また重大な病気のリスクを高めているという事を理解しましょう。

口内細菌を守る為にはどうすれば良い?

・加工食品をできる限り取らない
⇒腸内細菌を死滅させるのと同様、口内細菌にも当然良くありません。

・生野菜を食べる
⇒生野菜から細菌を取り入れる事ができます。

・太陽に浴びる
⇒ビタミンDの不足は口内細菌を死滅させます。サプリから取るか毎日太陽をしっかり浴びましょう。

・深夜の食事は控える
⇒口内細菌は夜中活動を停止するものも多いので深夜は働かない為です。

・食事の時間を保つ
⇒口内細菌は時間の不規則さに弱いためできる限り定期的な時間にとる方がよいです。

・ストレスを減らす
⇒腸内細菌悪化とメカニズムは同じです。ストレス対策にアロマディフューザーを活用する事をオススメします!

・殺菌作用の強いマウスウォッシュ、歯磨き粉を使わない
⇒殺菌はむしろマイナスと理解しましょう

マウスウォッシュの変わりに何を使えば良い?

オリーブオイルやココナッツオイルをマウスウォッシュの変わりに使う事はオススメです。

また精油をマウスウォッシュに使えるか、というご質問をいただくこともありますが精油を口に含める事はリスクを伴いますのでオススメできません。

口臭対策として植物の力を利用するのであればハーブティや果物を摂取するようにしましょう。

腸内環境も口内環境も同じ私達人間の身体の中のことです。
対策としてあげた事はいずれも共通する事です。
多くの問題に対して様々な専門家の意見や商材に現代は溢れていますが、本質を見極める事ができれば全て1本の線で繋がっている事が見えてきます。