お風呂で本当にリラックスするためのアロマバスとは!?

2019年12月19日

アロマを楽しむ暮らしの中でも、簡単かつ効果抜群なのがアロマバスです。

アロマバスとは、精油をバスタブのお湯に混ぜて、香りと精油のさまざまな効果を楽しむ入浴法のことで、アロマテラピーが日本に入ってきた当初は、精油を瓶から直接ポタポタとお湯に垂らす方法が紹介されていました。現在は精油を原液のまま使うのではなく、塩、砂糖、はちみつなどに混ぜてから、お湯に入れる方法が推奨されています。

アロマバスに精油を直接入れる方法だと、精油が原液のまま、お湯の表面に浮いている状態になります。この状態で入浴すると、精油が肌に直接ついてしまうことになるので、肌が敏感な方や、肌の調子によっては、赤くなったり、ピリピリしたりしてしまう可能性があるために、乳化作用(水分と油分を混ぜ合わせる作用)を持つ塩などに精油(油分)を混ぜてから、お風呂のお湯(水分)に入れることが、おすすめされるようになりました。

いったん、塩やはちみつに精油を混ぜることで、精油がお湯に均一に混ざりやすくなります。市販のアロマ用乳化剤と比べると、塩などが持つ乳化作用は弱いのですが、そのまま精油を入れることと比べると、格段に精油とお湯が混ざりやすくなります。家庭にあるものが使えるので、アロマバスを楽しむ時は、以下のものを乳化剤として使ってみてください。

・塩
発汗作用が期待できるのが塩を使ったアロマバスの特徴です。岩塩や湖塩の場合は、豊富なミネラルが含まれることで、美肌効果が期待できます。生理用食塩水などの使い道からもわかるように、適切な濃度の塩分を含む水(お湯)は、体に優しい使い心地になります。アロマバスの場合、濃度を厳密にすることが難しいので、傷がある場合などはしみてしまう可能性も考えつつ使ってください。(傷がある場合は、精油の使用にも注意してください。)

・砂糖
肌を柔らかくするエモリエント効果があるのが砂糖によるアロマバスです。塩を使ったアロマバスのように発汗作用などは期待できませんが、塩よりもお湯の肌あたりが柔らかいので、ぜひ砂糖のアロマバスも試してみてください。

・はちみつ
はちみつが持つ抗菌作用や保湿作用と合わせて、アロマの香りも楽しむことができるのが、はちみつを使ったアロマバスの特徴です。精油を加えずに、はちみつだけを入れたとしても、肌がしっとりとうるおう感じが得られると思います。美容を意識したアロマバスとしては、一番おすすめの方法です。

・植物油
植物油に精油を加えたアロマバスは、乾燥肌の方に向いている入浴法です。バスタブに浸かることで、精油が入ったトリートメントオイルを、全身にまとうことができます。入浴後に起きる肌の水分蒸発を抑え、適度な油分を補ってくれます。植物油は、ホホバオイルやマカダミアナッツオイルなどがおすすめです。(浴槽に油分が付着するので、使用後は洗剤でしっかり掃除する必要がありますが、保湿面で大変に優れた入浴方法です。)

・エプソムソルト
エプソムソルトは、マグネシウムとミネラルを含む小さな結晶のことです。塩のような見た目の結晶なので「ソルト」という名前ですが、塩分は含みません。発汗作用や美肌効果が、海外の女優やモデルから人気を集めました。ヨーロッパで採れた天然の「温泉のもと」と言えるような存在です。購入できる場所は、ネットやアロマショップがメインですが、精油と混ざりやすく、価格も手頃で使いやすいので、一度試してみて欲しいなと思います。(硫黄の匂いはしないので、安心して使ってください。)

バスボムを作ってみよう

アロマバスの楽しみ方として、手作りのアロマ入浴剤をご紹介します。

しゅわしゅわと発泡するタイプの入浴剤(バスボム)は、材料を混ぜるだけで簡単に作ることができます。ハーブを混ぜたり食紅で色をつけたりすると、仕上がりが可愛らしくなります。ご紹介するレシピは、コーンスターチを使ったバスボムなので、お湯がまろやかで、乾燥する季節にもおすすめです。

【材料】(約2回分)

・重曹 50g            ・精製水 適量

・クエン酸 25g          ・食紅

・コーンスターチ 25g       ・ビニール袋(混ぜ合わせるための入れ物)

・シリコンの型(お菓子の型)     ・お好みの精油 10滴          

  • ビニール袋に重曹、クエン酸、コーンスターチを入れて混ぜる。バスボムに色をつけたい場合は、ここで食紅を加える。(食紅を加えてもお湯に色はつかないので、省略しても構いません。)
  • 精油を加えて、よく混ぜる。
  • 「2」に、精製水を加える。スプーンで少量を振りかけるようにして、手早く混ぜる。水分と合わさるとバスボムの材料は発泡してしまうので、ティースプーン1杯程度の精製水を加えたら、即座に混ぜることを繰り返していく。

4.ぎゅっと握るとまとまる程度まで、精製水を加えて混ぜることを繰り返す。粘土のような滑らかなまとまりではなく、ポソポソしている感じが少なくなって、圧を加えるとまとまるようになっていれば、型に詰めることができます。

  • 「4」をシリコン型に詰める。紙カップなどでも良いが、柔軟性がある型の方が、完成後に取り出しやすくなる。しっかり、指で圧を加えながら型に詰めると、きれいに完成させることができます。
  • 風通しの良い場所で1~3日ほど置いて乾燥させ、シリコン型から取り出す。紙コップやマフィン用の紙カップに詰めて作った場合は、型から出さずに保管しても良い。

バスボムには、ラベンダー精油がよく使われます。パルマローザやゼラニウムなども、皮脂バランスを整える精油なので、ブレンドに含まれることが多いです。お湯の量にもよりますが、1回のアロマバスにつき、精油が5滴程度になるようにバスボムを作ります。今回のレシピは、精油が10滴なので2回分のバスボムが作れます。シリコン型の大きさによっては、二個以上のバスボムが作れると思うので、一回のアロマバスにつき、精油の量が5滴程度になるようにバスボムの個数を調整して使うようにすると良いです。

アロマバスには「木の香り」 がおすすめ!

アロマバスにおすすめの「木の香り」をご紹介します。オレンジやグレープフルーツ、ラベンダー精油とも相性の良い精油です。

・サイプレス
サイプレスは、糸杉から採れるスッキリした香りの精油です。シャープさを感じる木の香りで、西洋ヒノキという別名の通り、ヒノキを思わせる森林の香りを含んでいます。産地によっては、サイプレスとヒノキの精油は、かなり似た香りのニュアンスを持つことがあります。リンパや血液の流れを促すことで、疲労やむくみが気になる時や、汗や匂いをケアしたい時に使われます。

*妊娠中やホルモン系疾患のある方は、サイプレスでのアロマバスは避けてください。

・ホーウッド
ホーウッドは、穏やかな木の香りがします。ホーウッド単独では華やかさや個性を感じる香りとは言いにくいのですが、ブレンドに加わることで香り全体にまとまりが出ます。肌のターンオーバーを促す成分を含んでおり、乾燥肌~油性肌まで、あらゆる肌質の方に適した精油ですので、バスボムのブレンドには特におすすめです。芳香浴の時も、ホーウッドがブレンドに加わると、落ち着いた深い香りになります。

シャワータイムも楽しめるアロマ

シャワー派の方や、敏感肌で精油が入ったお風呂に心配がある方におすすめのアロマの楽しみ方をご紹介します。精油を浴室の床の隅に1~2滴垂らし、そこに向けてシャワーを勢い良くかけます!この方法だと、一気にアロマの香りが浴室に充満して、湿度も抜群のアロマミストの中に入ることができます。通常の芳香浴では味わえない、豊かな香りを胸いっぱいに吸い込めるのが魅力です。

・ベルガモット
柑橘の精油の中でも、リラクゼーション効果の高さと、香りの上品さで人気が高いのがベルガモット。オレンジのようなフレッシュな果実の香りがするうえ、他の柑橘系精油には含まれないエステルという芳香成分を含んでいるため、優れたリラックス効果を持っているのが特徴です。アールグレイ紅茶の香りづけに使われたり、香水に使われたり、アロマとしての長い歴史があります。

*「ベルガプテン」という、皮膚につけた状態で日光に当たるとシミになる成分を含んでいるため、日中のアロマバスや、肌ケアには使うことができません。香りを楽しむだけなら、日中に使っても大丈夫ですし、朝風呂派の方がアロマバスで使いたい時は、「ベルガプテンフリー」もしくは、「フロクマリンフリー」と表記されている、ベルガプテン(フロクマリン類の成分)を取り除いたベルガモット精油を使用すれば、問題ありません。

・ペパーミント
朝のシャワータイムに、おすすめの精油です。心身共に、とてもスッキリ目覚めることができます。ペパーミントの爽やかな香り成分(メントール)は、香りの立ちがとても良いので、まず1滴で試してみてください。他の精油の場合も同じですが、精油の量が多すぎると、息苦しい感じになってしまい、アロマを楽しめません。また、冬場に、ペパーミントのミストを浴びると肌寒いような感覚になる可能性があるので、浴室が温まってから使うと、心地良さが増すと思います。

*妊娠中や授乳中、乳幼児や高齢者などは、ペパーミント精油でのアロマバスは避けてください。シャワーを使って、アロマミストを楽しむ場合も、通常の芳香浴より香りの密度が濃くなりやすいので、注意して行ってください。

製品仕様

芳香方式超音波
外形寸法直径8.8cm×高さ8cm
重量約170g
水タンク容量30ml
製品電圧DC5V 500mA
セラピーグラデーションライト
電源コード約1m
USB接続タイプ
自動OFF機能
運転時間2時間(最大)
動作モードパワーボタン
1回押す:グラデーションライトモードで動作
2回押す:固定ライトモードで動作
3回押す:OFF

製品仕様

芳香方式超音波
カラーゴールド
外形寸法直径12cm×高さ16.5cm
重量約570g
水タンク容量100ml
製品電圧AC100V
運転時間6時間(最大)

製品仕様

芳香方式アロマドロップ
外形寸法直径6.8×高さ16cm
重量約460g
定格消費電力1.5W
製品電圧AC100V 50/60Hz
運転時間ポータブル時/10-12時間
充電式コードレス
タイマー
ミスト調整

製品仕様

芳香方式ネブライザー
外形寸法奥行8.2cm×幅8.2cm×高さ12.5cm
重量約370g
定格消費電力3W
製品電圧AC100V 50/60Hz
ミスト調整
充電式コードレス×
運転時間連続モード:1時間で自動OFF
間欠モード:3時間で自動OFF

製品仕様

芳香方式超音波
外形寸法直径10.8cm×高さ16.4cm
重量約220g
定格消費電力11W
製品電圧DC24V 500mA 50/60Hz 0.35A
タンク容量120ml
オフタイマー機能
自動OFF機能
セラピーグラデーションライト

製品仕様

芳香方式超音波
外形寸法奥行109mm×幅132mm×高さ146mm
重量470g
電力15.6W
製品電圧100-240V AC / 50/60Hz
タンク容量300ml
タイマー機能on、1H、3H、5H
Bluetoothスピーカー
時計機能
アラーム(目覚まし)機能
自動OFF機能
セラピーグラデーションライト

製品仕様

容量10ml
全成分オレンジ、ラベンダー、バジル

製品仕様

容量10ml
全成分ローズマリー、ペパーミント、ラベンダー
ウルオン アロマドロップディフューザー人気No1 URUON tumbler

投稿者プロフィール

杏奈みほ
アロマとハーブの愛好家。ハーブ専門店のスタッフ勤務を経て、現在は、ママと子どもに優しいアロマとハーブの使い方を紹介する活動をしている。NARDとJAMHAの資格を有する、子育て中のママです。